【英語EMS】 WEBLOG    “TO THE NEXT PHASE”

受講生との雑談のtriggerとして、徒然なるままに日常を綴るブログです。
<< 戦後70年 | main | ロナウドがクラブ最多得点記録を更新 >>
仙台育英の準優勝
2015年の夏の甲子園が終わった。
高校野球が終わると「もう夏休みも終わりだなぁ〜」という気分になるのは今も昔も変わらない。

東海大相模と仙台育英の決勝戦で、東海大相模が45年ぶりの優勝を飾ったとのことだが、準優勝に終わった仙台育英の佐々木柊野主将のニュースを見て感動してしまった。

彼は決勝戦の後、「野球はこれで最後です」と言い切り、野球をやめる決断を語りました。

「自分は母子家庭で、でもこうやって私学に行かせてもらって母には苦労をかけました。ですから、卒業したら消防士になって恩返しをしていきたいです。」
「野球で一人では何もできないことを学びました。周りの人と協力して、人のためになる仕事がしたいです」

高校生でこんなことが語れてしまうのも素晴らしいし、その決断力と行動力も素晴らしいです。
本当に、大人である自分が恥ずかしくなってしまうような若者の潔さと素晴らしさ。

人間は一人で生きているわけではないということ。
そして、社会の中で生きている以上、社会の役に立つ生き方、人の役に立つような生き方をすることが人として生まれてきた以上、やらなければならないことなのだと改めて気付かされた次第です。

高校野球は一試合も見れませんでしたが、このニュースによって、大切なことを学びました。

英語EMS
| CASUAL REMARKS | 08:13 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ