【英語EMS】 WEBLOG    “TO THE NEXT PHASE”

受講生との雑談のtriggerとして、徒然なるままに日常を綴るブログです。
<< あけましておめでとうございます | main | 神様はいるのかい? >>
潜在的睡眠不足

「寒暖差が激しいので体調管理をしっかりしましょう」などと、毎回発しておいて、先週は本格的に体調を崩していた。

 

家族に風邪をうつされたので原因もはっきりしているし、病院にも行ってインフルエンザ検査も陰性だったので良かったが、やはり健康時と比べると何かと辛い。

 

受講生の皆様にご迷惑をおかけすることのないように、マスクに手洗い&うがい&教室の換気などを徹底しておりましたが、ふと考えると、体調を崩す原因は、他者からもたらされるものだけでなく、自分自身にもあったことに気付く。

 

それが、「睡眠不足」だ!

 

こちらも何度もEMS通信などで睡眠の重要性を説いておきながら、実は自分が睡眠不足に陥っていたという情けなさ。

まあ、忙しいという言い訳はあるのだが、それは誰しも同じこと。

 

しかも、毎日よく眠れて寝不足の自覚がない人でも、本当に必要な睡眠時間には足りていないケースも多々あるとの警告を、国立精神・神経医療研究センターの三島部長らのチームが発したので、やっぱり、自分に必要な睡眠必要時間は、しっかりと睡眠をとらなければならないんだなぁと再確認させられた。

 

ちなみに、20代男性実験では、必要睡眠時間は「8時間半」とのこと。

 

まあ、年齢や個々の状況に応じて必要睡眠時間も異なるので一概には言えないが、おそらくこれくらいは必要なのだろう。

 

そして、睡眠をしっかりととろうと考えて、平均7時間半の睡眠をとっている人でも、本来の必要睡眠時間からのマイナス1時間が蓄積されていくと、「潜在的睡眠不足」となり、本人の自覚なしに、心身の負担になってくるとのことだ。

 

ちなみに部活動も運動部を6年間バリバリにこなし、趣味の将棋も有段者になり、現役で東大に進学した卒業生のH君は、「毎日の睡眠時間は9時間だ」と軽やかに語っていた。

 

「どうも集中力が続かない」「体調を崩しやすい」「疲れやすくてすぐに眠くなる」などという人は、もしかしたら睡眠不足、もしくは、潜在的睡眠不足が原因かもしれない。

 

自戒を込めて記すが、今一度、毎日の生活習慣と睡眠の状況を振り返ってみよう。

 

英語EMS

| CASUAL REMARKS | 13:13 |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

このページの先頭へ