【英語EMS】 WEBLOG    “TO THE NEXT PHASE”

受講生との雑談のtriggerとして、徒然なるままに日常を綴るブログです。
<< 大雪の影響に関しまして | main | バレンタインも大変だ! >>
「優しさ」と「余裕」

2018年が始まり早1ヵ月。

 

本格的な大学入試シーズンに突入し、嬉しいことにここまではすべて「合格」のご報告をいただいている。

 

皆さんの努力の賜物だ。

 

もちろんまだ本命の段階ではないし、この後、厳しい結果になる場合もあるかもしれないが、そういった場合も含めて最後まで責任をもって指導させていただくので、受験生の皆さんはどうぞプレッシャーを感じずに、安心して入試本番に臨んで欲しい。

 

さらに、留学準備で通ってくれていた大学生のR君もIELTSが基準点をクリアし正規留学に出発する。

 

また、卒業生が近況報告に来てくれたりと、何かと忙しい日々が続いている。

 

そんな中、昨日は振替受講などで非常に混雑していて、少しご不便をおかけしてしまった受講生も数人いたが、嬉しかったのは、「お先にどうぞ」とか「あっち席空いてますよ」と、お互いに譲り合ってくれていたことだ。

 

優しいEMS受講生の皆さん、本当にありがとう。

 

世の中、「自分さえ良ければそれでOK!」と思っているような人が非常に多い。

 

電車に乗れば、降りる人を待たずにドアが開いた瞬間突っ込んでくる輩、耳にはイヤホンを突っ込み歩きスマホでぶつかりそうになり不機嫌そうな顔をする輩、などなど、ちょっと外に出れば「自分さえ良ければ」という人間で溢れている。

 

何を隠そう、実は偉そうに書いているワタクシ自身が、昔は「自分の受け持っている生徒さんさえ合格してくれれば、あとはどうでもいいや」とか、「ライバルたちを抜き去ってしまえ!」なんて思っているクチだった。

 

ところが、そんな偏狭な考えを持っている時ほど、物事はうまくは進まなくなる。

 

逆に、自分が精神的に余裕があって、「どんな人でもうまくいって欲しいなあ」なんて考えている時は、なぜだか分からないけれど、自分の周りでも良い感じに物事が進んでいく。

 

別にスピリチュアルな心構えを説こうなんて全く思ってはいないが、おそらくそれが物事の道理であろう。

 

原因も、先ほどちょろっと述べた「精神的な余裕」なんだと思う。

 

他者のことを思える人、他者に譲れる人、他者に優しくなれる人は「精神的に余裕がある」状況のはず。

 

余裕があるから、あらゆる物事に対しても、無意識的に「余裕」をもって対処できる。

 

だから物事がいい方向に向かっていく。

 

さらに「余裕」が生まれる。

 

こんな好循環な感じだろう。

 

逆に言えば、自分のことしか考えない人、他者を責め立てる人、ズルをする人、なんていうのは、一時的には「得」をしているように感じる場面があるかもしれないが、結局はどこかで帳尻が合うようになっている。

 

だから、EMS受講生の皆さんには、ぜひとも心に「余裕」を持って、優しい人でいて欲しいと思う。

 

勉強面で言っても、小手先のテクニックとか、小賢しい裏技を探すような他人を蹴落とすための勉強ではなくて、正攻法で正しい学びをもって、たくさんの「余裕」を身に付けて欲しい。

 

それが本当の意味での勉強だし、それが本当の意味で「大人になる」ってことだ。

 

ズルして成功している大人を見てもカッコいいなんて思わないだろう。

 

「我先に…」なんて余裕のない大人にはなりたくないだろう。

 

一時的な損得に惑わされずに、「余裕」を持って対処できるようになること。

 

それが「本質を知る」ということだし、EMSの目指している教育もそこにある。

 

なんかカッコつけた言い方になっちゃったけど、受講生の皆さんの「優しさ」と「余裕」が本当に嬉しかったぞ!

 

ありがとう!

 

これからも共に頑張っていこう!

 

英語EMS

| CASUAL REMARKS | 05:54 |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ