【英語EMS】 WEBLOG    “TO THE NEXT PHASE”

受講生との雑談のtriggerとして、徒然なるままに日常を綴るブログです。
<< バレンタインも大変だ! | main | 悪質タックル問題 >>
Dear BEATLES

今年の高3生(受験生)は国公立が第一志望のEMS受講生が多い。

 

ということで、2月25日(日)<中には2月26日(月)も含む>が勝負の時だった。

 

皆さん直前までしっかり授業を受講してくれていたので、やれることはやりきった。

 

あとは心の中で皆さんに応援と祈りを捧げつつ、ワタクシは夕方から三軒茶屋へと向かった。

 

目的地は「昭和女子大学人見記念講堂」。

 

大学だからと言って、入試応援に向かった訳ではない。(夕方だし…)

 

目的は、タイトルにある通り「Dear BEATLES」というLIVEだ。

 

おそらく世界で一番有名なバンド「BEATLES」。

 

音楽に全く興味がないという人でも、中学生ぐらいであれば名前くらいは聞いたことがあるだろう。

 

そして、EMSには、何故か3年に一人くらいの確率で、お父さんの影響などで、

「BEATLESの大ファンです!」

という生徒さんが現れる。

 

まあ、そのような生徒さんたちとのコミュニケーションのきっかけに、(というのは言い訳だが)

話のネタにでもなれば、ということで参加してきた。(最後まで言い訳)

 

そのBEATLESのトリビュートライブなのだが、参加ミュージシャンの中で、伊豆田洋之さんが58歳で最年少、

中心となっているTHE ALFEEの坂崎さん(63歳)が真ん中の世代というくらいのおじさんバンドだ。

 

いや、RADWIMPS とか ONE OK ROCK とか SPYAIR なんかを聴いている皆様からしたら、

「おじさん」じゃなくて、「お爺ちゃん」バンドだ。

 

そのお爺ちゃんたちが、BEATLESの完コピを披露してくれるので、クオリティが高く非常に楽しめる。

入場時のお客様の年齢層の高さに一瞬引いてしまうが、ライブが始まってしまえば全く気にならない。

 

まあ、ほぼほぼ座って聴けるし、中には「寝てる人もいるじゃないか…!」

という場面に遭遇するくらい平和な雰囲気のLIVEなのだが、

最後の方は、「総立ち」ではないが、90%くらいの人がスタンディングとなり、

なかなかの盛り上がりで、楽しくて良いLIVEだった。

 

ちなみに、「お爺ちゃん」たちだけでは…、という声に応えたのかどうかは分からないが、

途中でゲストミュージシャンが参加してくれる。

 

今回は、Kis-My-Ft2などに作品提供しているトライセラトップスの和田唱さん。

 

坂崎さんとのトークの掛け合いがノリノリで楽しく、

ワタクシの好きな「I AM THE WALRUS」という曲をやってくれたので最高だったぞ!

 

それからもう一人のゲストは、悩める男子諸君にお勧めの Miyuu さん。

サウスポーの弾き語りで「Blackbird」と「Across the Universe」をやってくれた。

 

透き通るような歌声で、おそらく男子諸君は気に入る人が多いと思われる。

癒されるぞ!

 

サビの「Nothing's gonna change my world〜」の「Nothing」の発音が非常に気になってしまったが、

全体的には非常に良かった。

 

「Across the Universe」も、知らない人は YouTube とかで聴いてみて欲しい。

 

オリジナルの特殊な録音技術による音色とかジョンのちょっと気怠い感じの歌い方が合わない方は、

いろいろなミュージシャンがカヴァーしているので、聞き比べてみると楽しいですぞ!

 

「ルーファス・ウェインライトのカヴァーが一番好きだなぁ…」

なんて言っちゃう君は、相当センスがいいかもしれない。

まあ、好き嫌いがはっきり分かれるので賛否両論あると思いますが…。

 

ということで、長々と綴ってしまったのだが、皆様にお伝えしたいのは、

 

リスニングが苦手な人は、

 

「ぜひ、洋楽を聞きましょう!」

 

ということです。

 

洋楽好きにリスニングが苦手な人はあまり見当たりません。

 

そして、音で聞き込んだら、歌詞カードを見てみましょう。

 

歌詞カードとか言ってる時点で「古い!」と思った方は、

ぜひ、ネットで歌詞を検索してみて下さい。

 

さきほどの「Across the Universe」であれば、独特な世界観が広がっていますし、

「Blackbird」であれば、アフリカ系黒人女性の公民権運動にインスパイアされていることが分かります。

 

リスニングも得意になるし、英語の生きた世界が感じられるはずです。

 

音楽が好きな人は、ぜひ洋楽を聴き込んでみて下さいね!

 

英語EMS

| CASUAL REMARKS | 22:56 |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ