【英語EMS】 WEBLOG    “TO THE NEXT PHASE”

受講生との雑談のtriggerとして、徒然なるままに日常を綴るブログです。
<< あけましておめでとうございます | main | 「平成最後」で「令和最初」 >>
「乾燥」と「インフルエンザ」

今年も残すところ336日ほどになりました。

 

って、「まだ始まったばかりだろ!」とお叱りを受けそうですが、

毎日寒い日が続くので、寒いのが苦手なワタクシなどは、

「早く冬が終わらないかなぁ〜」

と早々にカウントダウンを始めたくなってしまう心境です。

 

でも、最近は心地よい春と秋が短くて、

「猛暑」⇒「極寒」⇒「猛暑」⇒「極寒」

みたいな四季になっているのが辛いところです。

 

「極寒」とは言いましたが、本日、昨年の手帳のメモ書きを見ていたら、

実は今年はたいして「極寒」でもないことが分かります。

 

昨年は、1月22日(月)の午前中から雪が降り始めて、午後にはすでに10cm近く積り、

夕方には大雪になっていたと記してあります。

 

さらに、昨年の1月25日(木)は、都心で48年ぶりの「−4℃」という新聞の見出しだったようで、

相当寒かったことも記してありました。

 

それを考えると、今年は大したことない寒さのようです。

 

EMSの受講生の中にも、やたら寒さに強い(というかやたら暑がりの)方が数人存在します。

 

こんな真冬の時期でも、教室に来るなり半袖Tシャツ1枚みたいな服装なので、

「視覚的に寒いから、もうちょっと冬らしい服装できませんかねぇ〜?」

と尋ねても、「我々はもう脱げませんので、寒がりの方たちの方で対応してください」

というレスポンス。

 

極寒ではない今年の冬、彼ら・彼女らの方が正しいのかもしれません。

 

中には茹蛸みたいに赤くなって、暑さに耐えられなさそうな方もいらっしゃる…。

 

う〜ん。

若さって羨ましいなぁ。

きっと、エネルギーが溢れていて、暑くて暑くて仕方ないんだろうなぁ。

 

小学生も「暑い、暑い」と言ってるし、

若ければ若いほど暑いようですね…。

 

ということで、今年の冬は、「寒さ」よりも「乾燥」の方が脅威となっております。

 

東京は全く雨が降っていないので、乾燥しまくり。

 

その結果、インフルエンザが流行りまくっております。

 

先週は、インフルで欠席した方も多く、

出席した方でも、「インフル明けです」という方が多かったです。

 

予防接種を受けていても感染してしまう人も多くいる印象です。

 

とにかく、手洗いとうがいをしっかりとすること、

しっかりとした睡眠と食事をとること、

なるべく人混みは避けるようにすること、

という感じで、できる範囲で防衛手段をとるしかなさそうです。

 

それでも、学校の教室や通学の電車なんかは避けることができませんので、

もしかかってしまったら、大事をとって、しっかり治す、ということが大事ですね。

 

冒頭で、カウントダウンなどと冗談を述べましたが、

入試はこれからが本番!

 

体調管理をしっかりして、1秒1秒を大切に!

 

最後の最後まできっちり面倒見ますから、最後まで頑張っていきましょう!

 

もう進路が決まっている方も、大学入学後を見据えて、頑張っていきましょう!

 

そして、受験生以外の学年の皆様も、それぞれの目標に向けて頑張っていきましょう!

 

アタマは冷静に、ココロは熱く、英語学習に励んでいきましょう!

 

英語EMS

| CASUAL REMARKS | 07:44 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ