【英語EMS】 WEBLOG    “TO THE NEXT PHASE”

受講生との雑談のtriggerとして、徒然なるままに日常を綴るブログです。
<< ライオンズが2連覇! | main | 【重要】10月12日(土)は「臨時休校」(全休)となります。 >>
危険な飲料

さて、今日は10月1日の火曜日です。

 

「だから何っ?」と言われてしまいそうな、普通の火曜日ですが、東京都民の方にとっては、「都民の日」ということで、公立の小・中・高はお休みになるという素敵な日でございます。

 

私立校の方にとっては、ほとんど関係ないと思いますが、お休みの人にとってはラッキーなお休みとなります。

 

というのも、最近は、夏休み明けの9月に行事が集中している学校が多く、疲れが溜まっている方や体調を崩してしまった方がちらほら見受けられました。

 

そんな方々には、休みの日はしっかりと休んでエネルギーチャージをしていただきたいからです。

 

特に「睡眠」と「食事」は非常に大切です。

 

至極当たり前のことなのですが、最近は、特に、定期試験前や試験中の期間になると、この2つの大切な要素が疎かになってしまう人が少なからず見受けられますので、是非とも、ここは声を大にして、再度強調しておきます。

 

「睡眠」と「食事」は大切です。

 

そして、心配なのが、その大切な2つの要素を一気にぶち壊してしまう存在があること。

 

そうです。

 

「エナジードリンク」の存在です。

 

ここ数年は、中高生の間でもやたら流行っていて、危機感を感じてしまいます。

 

授業中に飲んでいる受講生には、「やめた方がいいですよ!」と告げてはいますが、中には学校内の自動販売機で販売しているという学校もあるとのことで、なかなか歯止めがきかないのが現実です。

 

もちろん「適切量」の範囲内では、すぐに悪影響がでることはありませんが、炭酸飲料で飲みやすいが故の「依存性」は、かなり危険なものだと言えるでしょう。

 

脳神経を興奮させることで眠気を防ぎ、疲労感を解消させてくれるように感じるかもしれませんが、少しずつカフェインに依存する体質になっていくことは、冷静に考えると恐ろしいことです。

 

欧米では、未成年への販売が規制されているところもあるようです。

 

炭酸飲料自体に糖分が非常に多くて危険なものが多いですが、それにカフェインの危険性も加わるわけですから、未成年の身体に対する破壊力は相当なものです。

 

そして、依存性もあるので、気付いた時には、

 

「なんか飲みたくなってきたなぁ…」

 

という感じで、ついつい口にしてしまうということが現実に起こってきます。

 

意識が高い受講生の方は、

 

「そんなもの飲みませんよ〜」

 

という感じで分かってくれますが、

 

なんとなくファッション感覚(?)で飲んでしまっている方、

「これくらいのカフェイン量なら、全然大丈夫ですよ〜!」

なんて分かったような感じで飲んじゃっている方、などは要注意です。

 

結局、少しずつ蝕まれていくのは皆さま自身の大切な身体です。

 

習慣になってしまってから止めるのが大変なのは、煙草やらお酒やらと一緒です。

 

意志の力で引き返せるうちにやめておくことが、結局は自分のためです。

 

こういった飲料も、ゲームだの漫画だの世の中のエンターテイメントと同様に、すべて中毒にするように仕掛けられています。

 

「次も…、次も…」という感じでやめられなくさせる。

 

そうすれば仕掛けた企業はお金が儲かるからです。

 

もちろん、それらすべてを否定するわけではありませんが、自分の意志で自分をコントロールできる範囲で楽しむことが大切です。

 

そして、意志でコントロールすることが難しくなってしまいそうな危険があるものには、なるべく近づかない!

 

それが自己防衛の第一歩です。

 

興味本位で飲もうとしていた人は、なるべく飲まないようにしましょう。

 

もうすでに飲まずにはいられない人は、強い意志を持って、なるべく飲まないようにするべきですよ。自分のために!

 

そして、保護者の皆様も、もし大切なお子様がエナジードリンクを飲んでいるようであれば、

「全力で止める!」べきです。

 

もちろん、ちゃんとされているご両親であれば、こんなことは言うまでもないことですが…。

 

そして、このようなものを販売している学校は、「大切な子供たちを預かっている」という責任感を持った決断をして欲しいと思います。

 

「たかがエナジードリンクのことで大袈裟な…」

 

なんてお思いの方もいらっしゃるでしょうが、

 

されど、「エナジードリンク」ですよ。

 

こんなに「お馴染み」な存在になってしまったのは、子供たちにとって、非常に「危険」なことです。

 

英語EMS

| CASUAL REMARKS | 08:41 |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ